刺される前に対策

Extermination

自分ではハチの巣の駆除をしない

意外にも蜂に刺されて、亡くなる方は多いのです。危険と思われている熊におそわれたり、毒蛇にかまれて亡くなる人よりも多いのです。そのように比べるとハチの怖さがわかると思います。最近では人家の周りにキイロスズメバチが巣をつくり、人を襲うことが増えています。気性が荒く、巣に近づくだけで人を襲う可能性が高いのです。刺されると、アナフィラキシーショックをおこす場合があります。呼吸が苦しくなし、重症化した場合、命を落とすことがあります。ですから、キイロスズメバチの巣を見つけたら、ハチ駆除業者に来てもらいましょう。駆除に関してプロの技術を持っていますので、安心して任せることができるでしょう。決して自分で駆除をしないようにしましょう。

日ごろから家をチェックする

ハチが人を刺した例をみていると、一番多いのがハチの巣のそばで刺された人が多いと言うことがわかっています。一番凶暴といわれているキイロスズメバチでさえ、単体で飛んでいるときにいきなり襲ってくることは少ないのです。近年では人家の周りにキイロスズメバチが巣をつくることが多くなっていて、その下で作業をしていると、刺されることがあるのです。キイロスズメバチにとっては、巣を攻撃しようとしていると思ってしまうので、なんとか応戦しておそってくるのです。人も頭の上にある蜂の巣には気付きにくいので、蜂に注意することも無く刺されてしまうのです。どこの家でもこのような危険は潜んでいますので、日ごろから家の周りをチェックしておくといいでしょう。もし巣があればハチ駆除業者を呼ぶといいのです。