アフターケアを依頼

Extermination

キイロスズメバチの警戒範囲

ハチにはいろんな種類があります。その中でも身近なものにミツバチやアシナガバチ、スズメバチがいます。それぞれに性格があって、ミツバチやアシナガバチはおとなしいので、人を襲うことは少ないでしょう。でも、巣を刺激すると、集団で襲ってくるので注意が必要です。スズメバチは気性が荒いので、人を襲う可能性が高いのです。ただ、襲うときは巣の近くである場合が多いのです。結局は、スズメバチも巣を守るために、近づいてきた人間をおそうのです。最近ではキイロスズメバチが人家の軒下に巣をつくることが多いので注意が必要です。キイロスズメバチは警戒範囲を持っています。その範囲内に入ってきた外部の侵入者に攻撃をくわえるので、近寄らないことが重要です。

ハチ駆除業者のアフターケア

キイロスズメバチは、屋根裏や床下、軒下に巣をつくります。活動期間は春から秋にかけてですが、とくに夏から秋に活発に行動しています。その時期は警戒心も高まり、いつも以上に気性が荒くなっています。ですから、家の周りにキイロスズメバチの巣があれば、ハチ駆除を専門とする業者に駆除を依頼するしかないでしょう。基本的には最初に見積もりをだしてくれますので、安心して頼めるでしょう。ただ、駆除しても生き残ったハチがまた、巣をつくるために戻ってくることがあるのです。その場合もアフターケアとして、駆除してくれるかも確認しておくといいでしょう。それに、他にも屋根裏などにハチの巣が作られていないかも確認しておくといいでしょう。